なぜ生産終了?

①原価の高騰

②販売不振

新しい

カルミン

カルミンNEWデザイン案

〈旧カルミンの問題点〉

一回開けたらおわり、保存しにくい

②開けにくい

③ 薬っぽい見た目

味はそのまま、優しいミント味は

辛いのが苦手な人にも食べやすい!

IMG_9283.PNG

プラスチック容器

形を保っているから

保存しやすい!

スライド式

片手でも開けられる!

NEW

一つずつ

取り出せる

新しい柄

薬っぽさをなくす!

新しい柄

IMG_8537.JPG

①大きいロゴ

②奥行感

③シンプル

カルミンの一番の特徴と言えば、このブルー。

ミントブルー、アイスブルーなどと言われる

この色はそのまま使用した。

薬っぽいと感じてしまう原因は、皮膚に塗る薬など、チューブ型の薬のパッケージとロゴの配置や書体が

似ているからではないだろうかと考えた。

 

実は、カルミンの包装には筆記体のロゴも小さく書かれている。

                                それがこれ↓

IMG_9286_edited.png

薬っぽさをなくすためにロゴはこっちを採用。

その他は2018年のデザインのトレンド予想

2018年に注目したい!グラフィックデザインの最新

トレンド10個まとめ)を参考にした。

 

値段について

原価の高騰からも生産終了の原因であるため、この新しいパッケージが可能か考える。

現在販売されているものと比較してみる。

比較_edited_edited.png

現在販売されている状態が、新しいカルミンの案と似ている「ジュ―C」は60円で販売

されているため、60円での販売も可能かもしれない。

MINTIAは60円よりも高くても同じ清涼菓子として受け入れられている。

カルミンも新しくすることによる値段の変化があっても、受け入れてもらえるのでは

ないだろうか。

模型素材:紙

制作年月:2018年7月